星空を見ながらiPodについて考える

時間がないときほど、ブログの更新がはかどる(前のエントリー参照

昨晩は、ここに名前をあげていいのかわからない怪しい人と目黒界隈での飲み会を主催した。
メーカー系、Web系、出版系の人間が集う飲み会で、オフレコ情報が吹き荒れる中、実は隣のテーブルにいた人達も、関連会社だった可能性が高く...

会にいらした方の一人は学研、大人の科学の編集長。9月26日に、私の誕生日を祝って発売される「大人の科学マガジン9 」の付録は小型のピンホール式プラネタリウム。

このページで、部屋いっぱいにうつしだされた1万個の星を見たら、あなたも絶対に欲しくなるはず(価格はなんとたったの2200円)。
東京で見えないはずの満天の星空が、雨の日でも部屋の中で楽しめるなんてなんとも素敵ではないか。

でも、この1万という数をみて、ふとあることに気がついた。

昨四半期のiPodの出荷台数は600万台...
累計出荷台数は2100万台...

数字として書いても、なかなかその重みは伝わってこないけれど、これってまさに星の数ほど...

いや、銀河系やその向こうにはiPodの数を上回る、いわゆる天文学的な数の星があることはわかっている。

でも、そういう認知できない星はおいておいて、大人の科学マガジン9の星は、これだけでも「星の数」といっていいくらい、十分たくさん見える。
おそらく、これを買った人の中でも、本当に1万個あるか1つ1つ数える人は、ほとんどいないだろうし、いたとしても途中で挫折してしまうのがオチだ...

でも、世の中に出まわっているiPodの数は、この「星の数」のさらに600倍、いや、それは昨四半期に追加された数で、実際には2100倍。

道理でどこの駅のホームにいってもあれだけのiPodユーザーがいるわけだ...

今日、3つあった打ち合わせの1つ、SIBaccessの冨沢さんはそうした数学的な話が大好きなようで、ソーシャルネットワークや、人のつながりが指数関数的に伸びることにも話が及んだ。
なんだったか、思い出せないが、会社の会計監査だったか、なんだったかの書類が米国とかでは、もはや2次元的な紙の書類で提出してはならない、という話も伺った。企業の不正が行われるのは四半期とかの区切れ目、そういったところで不正とかが行われているかいないかを、コンピューターで3次元的だかに処理をすれば一目でわかるそうだ(もしかしたら誤解しているかも)。で、エンロン事件以降はその3次元処理したデーターを提出しなければならないことになっている、とかいう話だった(時間がないので確認も何もせずに書いているーーきっと、hitoshiさんがフォローしてくれるはず>他力本願)。

数や統計というものの認知について考えさせられた2日間だった...

と、ここまっで書いて、今、私を一番悩ませている数字は、ロンドン出発まで残り「27時間」...

フランスに持っていくおみやげを買いにいく時間はあるのだろうか...


こちらのエントリーも長くなってしまった。最後に大事なことをまとめよう(一部、上では書いていないこともついでに書いちゃえ)


  • 私の誕生日は9月26日
  • 私が帰国するのも9月26日
  • その9月26日にApple Store Ginzaで、ブログ 世界を変える個人メディアの著者、ダン・ギルモアが講演予定
  • また1つ歳をとり、時差ぼけにも弱くなった私は一度、帰宅してから銀座に向かう予定
  • 同じ9月26日、「大人の科学マガジン9 」が発売
  • 付録は星が1万個映し出されるピンホールプラネタリウム
  • iPodの昨年の出荷台数は600プラネタリウム


おあとがよろしいようで...
そろそろパッキングを開始すべきだろうか?
それとも睡眠優先?
そういえば、髪の毛も切りにいきたかった...
メランジさん、深夜営業してくれたら明日の夜中に伺うのですが...玉越店長いかがでしょう(宣伝しておきました↑)

mixiから来た人はこちらから戻れます


投稿者名 Nobuyuki Hayashi 林信行 投稿日時 2005年09月16日 | Permalink

  • Re: 星空を見ながらiPodについて考える


    Nobiさん少しだけでも睡眠とって欧州行きのスタミナを温存してください。

    投稿者名 らいだ(六弦)

  • Re: 星空を見ながらiPodについて考える


    このプラネタリウムいいですね!欲しい。
    部屋中を星空で満たした中で,じっくりと音楽を聴くのも楽しそう。曲は蒼氓(山下達郎)がいいな。

    投稿者名 J's Garage

  • Re: 星空を見ながらiPodについて考える


    Nobiさん久しぶり!
    たまたま電車で隣に座ったオネエチャンが、いかにも田舎のヤンキー風。社内で化粧しちゃうタイプの人です。で、
    ふと見ると、私と同じiPod miniで音楽聞きながら、マスカラ縫っていました。
    こういうオネエチャンは、きっとポータブルCD派なんだろうな、と思っていたので、すごく意外だったのを覚えています。
    そうか、(600プラネタリウム??)なんしか
    いっぱい出荷されていたのね。

    投稿者名 ももな

  • Re: 星空を見ながらiPodについて考える


    ももなさん、ご無沙汰!お久しぶり!
    うーん、600プラネタリウムなので、いろいろな人が聞いていますよね。
    同じ干支とか血液型だと、「あ〜、同じ同じ」というところがあるけれど、たまにあの人は違うだろうという人が同じ干支やら血液型だったりするのと同じ感じ?

    今、空港です。落ち着いたらまたコメントします


    投稿者名 nobi

  • Re: 星空を見ながらiPodについて考える


    こんちはー、ホイヤーです。タイトルでよさせていただきました。去年・・でしたか プラネタリウムを見てきました・・。いやーきれいですよね・・。その後不思議なことにプラネタリウムの特番みたいなものがいくつかありまして ふむふむとみておりました・・。最近では 家庭用のプラネタリウムも発売されています。星をながめると 心が 真っ白になりますね・・。そんなにお安い価格で でると みんなかっちゃいますねー・・。がははは・・。
    iPodの出荷台数も・・すごいんですねー・・。
    むかしは 星のきれいに見えるところに すんでいました(転勤でいろんなところにいましたから がははは)ので 夜になると ベランダから また 庭から 帰路を急ぐ車の中から みていましたー・・。昔は よく車ではしっていましたねー・・。走るのも すきなのですがー・・。 
    星がきれいにみえるところは 当然 空気も きれいなわけで ずいぶんと自然から元気をもらいましたね。

    投稿者名 アンクル・ホイヤー

  • Re: 星空を見ながらiPodについて考える


    アンクル・ホイヤーさん
    すみません。ちょうど移動中の書き込みだったようで気がつきませんでした。
    もう買われました?私は帰国後もバタバタしていてまだです。
    本屋に行く時間がなかなかなさそうなのでamazon.co.jpしちゃおうかな...

    投稿者名 nobi