選択されているタグ : opinion , Twitter

タグの絞り込み

原口大臣ツイッター報道に感じた違和感

【コメントが表示されません】
すみません。新ブログのテストが不自由分で、皆さんにいただいたコメントが表示できていないようです。実は管理者登録している私の画面には表示されるのですが、他の方の画面には表示されないことがさきほどわかりました。早急に対処します。



先日、チリ地震の影響による津波が日本を襲った日曜日、原口総務大臣がTwitterで逐次情報を発信していた。

@kharaguchi 岩手県久慈港 3時9分 90cm 福島県小名浜港 3時9分 50cm
@kharaguchi テレビの映像などを見てご自身で避難しないでいいだろうと判断するのは止めてください。

といった具合だ。1つ書くのに30秒ほどかかるかかからないかの短信のメッセージだが、災害センターで、ただ伝わってくる情報をボーっと見聞きしているだけではいたたまれなく、Twitterの伝播力を使って即時伝えようとしたのだろう、という思いで見ていた。

私の方が原口大臣よりもフォロワーが多いということもあるので、これらの情報が、より多くの人に届くようにと、いくつかのつぶやきはRetweet(私のTwitterを購読している人向けの再配信)をさせていただいた。

この件に関して、今日、いくつかの新聞が記事を書いていたが、その内容を見てビックリした。
読売新聞は「原口総務相釈明…ツイッターで津波情報流してた」という見出しで記事を掲載していた。アメリカではAT&T社の電話回線が落ちたときにTwitterを使ってサポートを行った例もある(Cnet:AT&T uses Twitter during service outage)。

災害時に役立つ人を早く大勢の人に伝えたい。
この人間なら誰でも自然にやるであろう行為の何がイケナイのか。
日本は、不思議で複雑な国。どんな「当たり前」に見えることに対しても、「見栄」や「建前」や「大人の事情」という奴が直感では理解しがたい複雑な「常識」をつくっていることが多い。

一体何が悪いのか?そう疑問に思いながら記事を読んでみたところ「なりすましの危険がある」Twitterで、こうした情報を流したことが悪いことで、原口氏はそのことについて釈明した、ということだった。確かに原口氏のTwitterアカウントは、Twitter社の認証も受けておらず、Twitter社の認証を受けているバラク・オバマ大統領のTwitterアカウントが、実はオバマ氏以外によって書かれていた、ということはある(おそらく鳩山由紀夫総理もそうだろう)。
とはいえ、果たしてそこがツッコミどころなのか。
それよりはむしろ、原口大臣のTwitterアカウントが本物であることを確認したり(記事はこの部分の仕事はしていた)、これからテレビやラジオへのアクセスがない状況(テレビやラジオが他の地方のニュースを流している状況)でも参照できるTwitterというサービスがあるとTwitterのサービスを教えてあげてこそ、人々の役に立つのではないか、という気もちょっとする。

いずれにしても、この記事の見出しはないんじゃないかと思ってつぶやいたところ、かなり、大勢の人が賛同し、一瞬にして私のTwitter画面は、読売新聞の見出しに対する批判であふれかえった(最初はTwitterの反応は、こうまでも一方的なのかと驚くくらいに、同意の意見ばかりだったが、どうやら、あまりに大勢の人が同意しているところに、飛び込むのが多少怖かったのか、反対意見の人は、見つからないように反対意見を述べているケースも多かったようだ。その中には「なるほど」と思わせるものも多く、申し訳ないと思いつつも、RTさせてもらった)。


ここで面白いのが、同じタイミングで記事を掲載していた朝日新聞は、同じ記事に対しても
自ら津波ツイッター速報、原口総務相「正確な情報優先」
と言う見出しで、記事の中身も新しいメディアを使って率先して情報を発信する大臣が、横並びで情報発信をする既存メディアに双方向型の情報発信を指南するような内容になっている。

同じニュースでも書く人が変われば、ここまで印象が変わるのか、という好例であり、これこそ、まさにGoogle社のサービス、Google Newsが開発された、そもそもの理由であることを思い出した(元々は湾岸戦争中に、米メディアの偏った報道に危機感を感じた開発者が、同じニュースをさまざまな媒体で読み比べられるように開発した。Cnet: ついに明かされるGoogle Newsの秘密 )。

なんだかんだいっても、新聞のニュースも書いているのは「人」であり、「人」が関わる以上、客観的な報道などというものはありえない。事実の羅列だけの小さな記事にしたって、その記事を載せるか、載せないかに主観が入る。

ならば、いっそ新聞の記事も匿名にせずに、記名で書けば、もしかしたら「ああ、Twitter嫌いなのかな。あの人らしいや」といった具合に読み手の心理も働くんじゃないかと思うが、Twitterで@Snakehole教えてもらったところによると、日本の新聞で記名を採用しているのは毎日新聞だけだそうだ。

日本では、何か問題があると、何か必要以上に揚げ足取りをされ、責め立てられることが多く、名前を出して堂々と意見を述べると、それによって攻撃をされることすらある。
名前を隠して批判をする人間は、何でも無責任に言いたい放題、逃げ放題だが、堂々と意見を言う人間は、敬意を払われるどころか、「好きで名前をさらしているのだから、責められて当たり前」くらいに言われる。

だが、そんなことでは世の中は先に進めない。例えば小さなイベントにしたってそうだ。
ボランティアで「誰かこれ協力してくれる人いませんか?」というと、それまではふんぞりかえって参加していた人が、突然、みんな下を向いて視線をそらし始めたりすることがある。せっかくの会が、なんだか急にしらけてしまう。そんなことばかりが続くと、いずれイベントそのものもなりたたなくなってしまうのに、小さな協力をして、会を持続させようという意識がなかなか芽生えず、あくまでも自分は上げ膳据え膳が当たり前の傍観者、という印象を抱くことがままある。ヒドイ場合は、自分は手を挙げないで逃げておいた癖に、ボランティアに協力してくれた人のやり方については、しっかりと難癖を付ける、なんていうこともある。
堂々と手をあげること、名乗りをあげると、なんだかそんな社会ができあがっている。

このブログでは、以前にも匿名 vs 実名の議論をし、匿名側の言い分もわかったつもりだが、それでもやっぱり、例えば新聞などの大手メディアにいる人間くらいには、そうした卑怯な文化を広げないためにも、堂々と名乗りをあげる習慣を広めていって欲しい。
それで、名前を出した人を攻撃するような輩がいたら、それを会社や周りのコミュニティーで守ってあげる。そうしてこそ、勇気ある報道もできるだろうし、人類としての前進もあるんじゃなかろうか。


脱線したが、読売の原口大臣についての報道の件には、まだまだつづきがある。

Twitterで、この記事に対する猛烈な反発がわき起こると、問題の記事の題名はいつの間にか、修正されていた。
タイトルが「原口総務相弁明…ツイッターで津波情報流してた」に書き変わり、「ツイッターの利用を優先させる考えを示したことは、今後、論議を呼ぶ可能性がある。」といったことが書き加えられていた。
(いや、実はその後も、読売新聞は記事のタイトルをいじりまくっていた。こちらのブログが詳しい: kamikura.com Blog:原口大臣Twitterで情報を流し新聞社に弁明させられる


記事の書き換えを責めるつもりはない。私もよくやることだ。
後から読んだ人に不快感を与える可能性があると思ったときには、私もタイトルも変えれば、本文も書き換える。
記事を掲載した直後から書き換えまくって、まだ見ている人が少なそうなら、(記事が読みにくくなるから)どう訂正したかも、いちいち弁明しないし、読売新聞の今回の一件と同様に記事の更新日時もそのままで、少なくともそのことについて私が読売新聞にどうこういう資格はない。

ただ、自分を正当化するように「ツイッターの利用を優先させる考えを示したことは、今後、論議を呼ぶ可能性がある。」を書き加えた点については、ちょっとガッカリした思いもある。

Twitterで、アンチ読売の声をあげていた多くの人が、新聞社は記者クラブなどの既得権益が侵されること、中抜きされるのを恐れているためTwitterなどの新テクノロジーに反感を持っている、という声が多かったが、読売の記事に追記された内容をみて、本当にそうなのかな、と思ったからだ。

それからしばらくして、もう1度、記事を読み直して、もしかしたら理解が足りないのではないか、という思いもしてきた。
Twitterの部分に「ツイッター(簡易投稿サイト)」と書かれている。

「簡易投稿サイト」、なんとも怪しげな響きだ。趣味の人が集まって、思い思いのことを、安易に投稿しているような響きすらある。もしかしたら、読売では「Twitter」を「簡易投稿サイト」という怪しい響きで紹介することにしたため、Twitterをよくしらない記者が、一大事に、そんなあやしげなサービスを利用していた、と心配になったのかも知れない。

アメリカのニュースでは、今やWebページも、ブログも、Twitterも、説明無しに、そのままサービス名で登場することが多いが、日本では、うちの番組は、幅広い層が見ていてITに弱い人も多い、「これって他のものに例えると何か」などと聞かれることがある。
でも、前例のないものを、他の何かに例えるのは、かえって混乱を招く気もする。
視聴者が、多少なりとも知性を持っていると考えるなら、どういったサービスで、どういった効果があるかを説明した方が、本質が伝わりやすい、と思うのだが、なかなかそういう議論にはならない。

もし、新聞社の方に、Twitterなどの新しいIT系のサービスを恐れている人がいるのだとしたら、ぜひ、この機会に、もう1度、見直して欲しい。
残念なことに、既存のマスメディアの中には、「IT苦手」を堂々どころか、自慢げに語る人すらいるが、そんなことは何一つ自慢にもならない。
自分がITが苦手だからといって、自分の子供にもITを避けるように勧めるのだろうか。もちろん、ネットには残念な側面、子供達には触れさせたくない側面もあるのは、私も同意するが、一方で、そうやって日本の子供達のIT離れが進む中で、発展途上国の子供達には100ドルPCなどの安価なパソコンが配られ、最先端の教育が施される、たとしたら十年後、二十年後の日本はどうなってしまうのだろう。

どんなにITが苦手な人でも、今さらインターネットがなくなるとは、考えていないだろうし、これがうまく使えば便利でもありえることくらいは理解しているだろう。
で、あれば、インターネットを、どうすれば老若男女幅広く楽しめるメディアに変えられるかを問題提起し、例えばTwitterのような政治などにも活用されているメディアのうまい活用方法を啓蒙し、技術革新の抵抗勢力になるのではなく、自らの媒体そのものも、今の時代やニーズにあわせて変革するくらいの気概を持って欲しいと思うのは、私だけだろうか。


投稿者名 Nobuyuki Hayashi 林信行 投稿日時 2010年03月03日 | Permalink

  • Re:原口大臣ツイッター報道に感じた違和感

    今回の件について、ジャーナリストの江川紹子さんも取り上げていらっしゃたので紹介します:

    江川紹子ジャーナル:新聞とツイッター
    (via @kazuyo_k )

    投稿者名 Nobuyuki Hayashi 林信行 WEB

  • Re:原口大臣ツイッター報道に感じた違和感

    こんばんは。エントリーを読ませて頂いて感じたことを、いくつか書きたいと思います。

    ・総務大臣がTwitterで情報を流していたこと

    自殺志願の彼氏を探してほしい女性が情報を警察署に寄せるよう依頼を流したら、警察署には「真偽」を確かめる電話が殺到した事例があります。結局は静岡県警が保護したのですが、Twitter情報が手がかりになったとの話は聞こえてきません。
    http://www.asahi.com/national/update/0212/NGY201002120003.html

    和光市で通り魔の情報が流れたが、実のところ狂言だったということもありました。
    http://www.j-cast.com/2010/01/20058361.html

    「迂闊な善意」が混乱、デマを加速させる可能性をもっと重要視しておく必要があります。情報が錯綜しないよう、今回も政府発表を気象庁の記者会見に一元化しておくべきだったと考えます。例え大臣がテレビ報道と同じ情報だと意識していても、Twitterで情報を流すのは不適切だったのではないでしょうか。伝達の過程で不確定な要素が入り込むメディアだと私は考えるからです。トラディショナルな手法が災害対応などの非常時には向いていると感じます。結局のところ、統制のとれた実力組織が動くしかないのですから。


    ・匿名性が助長するモラル低下

    自らは傷つかないところにいながら、物事を先に進めようとする人間に石を投げつける卑怯な輩は、それ相応の扱いを受けても仕方がないと自覚すべきです。私も実名を名乗るまでは出来ませんが、ブログなどのネットワーク上での活動を賭けて発言しています。妬みや嘲笑といった汚い感情を押しとどめておかないと、それにまみれた状態がいつのまにか「普通」になってしまいますし。他人がいくら指摘したところで、彼らが内面に向き合わないことには変わらないでしょうが...


    ・読売の記事書き換え

    記事の裏には、割合単純な感情が潜んでいたみたいですね。既得権を失いたくない思いから、新しい技術に反動的な立場をとるのも否定しませんが、風向きが悪くなるとこっそり記述を変えるというのは気に入りませんね。江川紹子さんの記事も参考になりました。
    http://www.egawashoko.com/c006/000320.html

    投稿者名 wirehead WEB

  • Re:原口大臣ツイッター報道に感じた違和感

    適法ではないから、ではないの?
    適法でない行為を現職大臣があえてして、それを法的問題ではないかのように応答したら、それは問題でしょう。法治国家として。
    いろんなメディアで速報するのは悪いことじゃないけど、行政組織を混乱させる側面があることなども考慮すれば、批判が一定程度あるのはむしろ健全だと思います。

    新しいメディアの利用を、一方的に礼賛し、反対するケンカイを異端視したり時代遅れ扱いしたりするのはフェアじゃない。

    投稿者名 nodanger

  • Re:原口大臣ツイッター報道に感じた違和感

    >適法ではないから
    適法もなにも、総務大臣がTwitterで災害情報をつぶやくことに違法性は全くないのですが。
    何の法律に対して適法でないとおっしゃっているのか謎です。

    投稿者名 spectra

  • Re:原口大臣ツイッター報道に感じた違和感

    上のコメントでwireheadさんが書かれている「デマを加速させる可能性」に関してまったく同意見です。
    極論ですが、

    メディアの情報は遅くて信用がならない。
    Twitterは大臣の直接の発言なので信用できる。
    だから、それにもとづくRetweetも信用できる・・・

    という考え方の場合、情報の再発信が連鎖的に広がる可能性があり、その広がりの中で情報にいわゆる「おひれ」がつくことは否定できません。
    そうすると、この広がりの末端部分では、なにを信用すればいいのかわからなくなりそうで怖い気がします。ネットの活用自体は否定しませんが、特に災害時のように緊急性が高く、ミスリードの影響が大きいものに関しては、情報伝達方法を事前に十分準備・告知した上で、正確で迅速な情報提供を実践して欲しいと思います。

    今回の場合、TV・ラジオ以外にもネットのどこどこで情報を開示しますということが事前に告知されていれば良かったのですが、単なる思い付きだとすると総務省を統括する大臣の考え方としては若干軽率に思います。

    投稿者名 ninoashi

  • Re:原口大臣ツイッター報道に感じた違和感

    細かい事わドウデモいいから、早く景気対策に。手を打って下さい

    投稿者名 貧棒人

  • Re:原口大臣ツイッター報道に感じた違和感

    wirehead さんや ninoashi さんが書かれている Retweet で情報が不正確になる可能性ですが、僕はその可能性は少ないと思っています。RT されたものであれば、発信元が誰なのか分かります。もし、発信元が分からない RT であったのなら、不正確な情報である可能性を認識するようにすれば良いのではないでしょうか。また、そのように啓蒙すれば良いと思います。何れにしても、便利な技術を使わない理由を考えるのでは無く、どうすればうまく活かせるのかを考えるべきだと思います。

    投稿者名 Kazu

  • Re:原口大臣ツイッター報道に感じた違和感

    wireheadとninoashiさんの意見に同意です。
    極端に言えば
    「twitterはすごいから情報発信には何でもtwitterを使うべき」
    みたいな変な空気ができてしまっている気がします。

    twitterの情報発信はノイズありきだし
    むしろそのノイズを含めて楽しむものだと思うので
    ノイズが含まれて欲しくない情報の発信に使うのは不適切だと思います。
    緊急時に止むを得なく使うのはしょうがないとは思いますけど。

    発信元が誰か、どれほど情報に信頼性があるか、等といった事を
    考慮しなければならない災害情報なんてはっきりいって邪魔です。

    災害などの緊急情報は情報リテラシーを全く要求されず
    誰でも問題なく使えるようにあるべきだと思います。

    投稿者名 ぽんぽこ

  • Re:原口大臣ツイッター報道に感じた違和感

    災害時用の公式アカウントができないか検討中のようで期待しています。

    当夜についていえば、ネット上ではチリTVのユーストリームの生中継がありました。世界中からアクセスがあり、日本人もたくさんツイートしておりました。
    ユーストリームからのツイートには、自動的にハッシュタグがついていましたが、そのハッシュタグを利用して行方不明の安否確認をする外国のかたのツイートが増えたため、日本人のツイッタラーは、別ハッシュタグやミラーサイトを作ったりして、安否確認ハシュタグ利用の邪魔にならないよう配慮しました。

    チリTVのユーストリームを見ていた人たちは、現地の状況を目の当たりに見ることができることに驚き現地を心配するとともに、日本のテレビがバラエテイばかり流し続けていたことに憤慨していたかたも多かったです。

    そいいう環境の中での原口大臣のツイートは、ツイッターユーザーに安心を与えたものであり、私はとても感謝しています。

    投稿者名 散策 WEB

  • Re:原口大臣ツイッター報道に感じた違和感

    ヘビーにTwitter使ってる人ならフォロー数も多いだろうし、政府からの公式Tweetでも、あっという間に埋もれていくでしょうね。Twitterに固執するなら、通常とは別枠の、重要アカウント・Tweetとして提供する機能が必要でしょう。もちろん、政府系Verified必須で。

    もちろん、Twitterを使わなくても、政府が専用サイト・サービスを作って、情報発信すべきでしょうけど、いつも言えることだが、彼らが作るものはいつも使い物にならないものが多い。Twitterのいいところは、その情報を取り出しやすいということ。
    政府の情報提供サービスが始まっても、購読・フォローする人は限られるでしょうし、Twitterで、というのは悪い選択ではないでしょう。

    現状の運用で考えるなら、政府の正式なサイト(go.jpドメイン、SSLつき)へ誘導するためのTweet、というのが妥当かな。ちょっと利便性落ちますけど。

    なりすまし問題は、たとえVerifiedアカウントになったところで、フィッシング詐欺や、アカウント共有漏れ、また離席中のPC・iPhone利用など(実際にあった)でもありえますので、アカウント所有者の意識が重要です。

    投稿者名 sis

  • 私は子どもにコンピュータは勧めない

    私は20年前から趣味でパソコン通信とかやっているし、今はiPhoneを使いつつ2年に1回くらいはMacを買い替えています。端から見たらパソコンマニアなのかもしれませんが、正直子どもにコンピュータを勧めようとは思いません。
    子どものうちからパソコンの操作を覚えても特にメリットもないし、そんな時間があれば読書したり勉強したり遊んだりするほうがよっぽど重要です。学校教育だって、情操教育なんてパソコンを使わない方が効果が高いんじゃなかろうかとも思います。

    さらに言えば、大人になっても、別に最新のテクノロジーに詳しくなくても社会生活に何の差し支えもありません。そりゃキーボードくらい打てないと仕事は困るかもしれませんが、ツイッターやソーシャルネットなどやらなくても、普通に生活していたらそれなりに人脈は広がるし、極端に言えばインターネットなぞやらなくても新聞を読んでいれば普通の知識は得られます。

    その道のプロとして食べていく覚悟があるならともかく、一般人にコンピュータの知識なんぞ、別に要らないと思いますけどね。

    >インターネットを、どうすれば老若男女幅広く楽しめるメディアに変えられるかを問題提起し
    無理でしょう。そこまでのリテラシーのある方は極めて少数です。さらに、次から次へと新しいテクノロジーが発生していくのが現状です。そんなものに付いていくのは、少数の人間をさらにふるいにかけているようなものです。
    「時代に付いていけない」という強迫観念にかられて、次から次へと新しいことを覚えようとするのは、とても不幸なことだと思います。

    投稿者名 ひろ

  • Re:原口大臣ツイッター報道に感じた違和感

    金持ちほど仕事してるってな

    投稿者名 replica chanel handbags WEB