iPad、米国での発売まで、あと1週間!

iPad(撮影機材協力: nikonnext.com)


米国でのiPad発売開始まで、いよいよあと1週間。
今のところ、日本での正式な発売日はおろか、価格や取り扱うキャリアなども含めて一切、あきらかにされていないが、おそらく1週間半後には、日本のそこかしこでiPadに触れるユーザーが登場し始めているはずだ。

私は1月の発表会でiPadに触れられた数少ないラッキーなー1人として、この数ヶ月各地で講演などをしてきた。
面白いのが、iPadのスペックシートだけ見て、「なんだ、ただのデカいiPod touchじゃん」とガッカリする人と、「これは凄いことになりそうだ」と興奮する人がキッパリ分かれること。

私の意見を言わせてもらうと、「ただのでかいiPod touch」と言っている人はスペックシート文化や左脳的な発想にとらわれすぎている気がする。その発想を早く脱し、「経験経済」を理解し始めないと、2003年以降のiPodの大成功や、スペックシートの上では、それまでの日本製携帯電話よりはるかに劣るはずのiPhoneが、なぜ人々を魅了し、日本でももっとも売れている端末になったかわからないままになってしまう。

実は画面が大きくなるだけで写真が持つ迫力やぬくもりも大きく変わってくるし、キーボードの入力も楽になる、拡大縮小の繰り返しが減る分だけWebブラウジングも快適になれば、画面の切り替えの頻度も減ってくる。
極端に「iPadが出てきたらiPhoneはいらなくなる」と言い張る人もいたが、それとも同意できない。
なぜなら、やはりiPhoneとiPadではそもそも体験が大きく違うからだ。
iPadでは電車の中で立ちながらTwitterでつぶやくこともできなければ、片手でメールの返事を書くのも大変だ。

今回は、しばらく、ブログの更新が止まっていたこと、それからiPadの発売開始へのカウントダウンの意味も込めて、まだ雑誌などで紹介していないiPad写真と、なぜかあまり報道されていないiPadの機能について、紹介しよう。

細かな機能やスペックについては、アップルの公式ホームページを見てもらうのが一番いい。

ブルース・リーではないが、「Do not think. Feeel!」ということで、まずは私の下手な写真からも伝わってくるiPadのモノとしての存在感を感じ取ってもらえればと思う。
そのあと、もしかしたら、日本ではあまり知られていないかも知れないiPadの隠れた(いや、実はどうどうと起動画面に用意されているのだが)機能について紹介したい。











アップルには、この待望のデバイスを早く日本でも触れるように、早く発売日や価格の発表をして欲しいと思う。

(撮影機材協力: nikonnext.com )
[新訳]経験経済
[新訳]経験経済岡本 慶一

ダイヤモンド社 2005-08-05
売り上げランキング : 47604

おすすめ平均 star
star脱コモディティ化の切り札
starこれからのマーケティングの未来を予測

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

投稿者名 Nobuyuki Hayashi 林信行 投稿日時 2010年03月27日 | Permalink